青雲塾

論文募集(受賞論文)

第10回 中曽根康弘賞 論文 入選者(平成30年)

 当財団は明日の日本を担う青少年育成活動の一環として、15歳~25歳の方達から論文(未発表のもの)の募集を行いました。
 「私の政策提言」「情報化社会を考える」「私のリーダー論」「若者が今なすべき事」の中から一つのテーマを選び、論文を書いて頂くもので、一般・大学生の部31名、高校生の部131名、計162名の方から応募があり、次の方々が入選されました。

 

< 一般・大学生の部 最優秀論文及び優秀論文 >

賞 名 テーマ サブテーマ 氏 名 学校名 学 年 pdf
最優秀賞 私の政策提言 海洋プラスチックごみ規制への提言 後藤 裕希 東京海洋大学 4年 pdf
優秀賞 私の政策提言 戦後の超克
―『中庸の均衡』としての
憲法改正を目指して
市野瀬 弘和 エア・ウォーター・
メディエイチ株式会社
pdf
優秀賞 私の政策提言 ミクロデータの提供拡大による
地域経済効率化
井坂 洋信 ウォーリック大学大学院 pdf

 

< 高校生の部 最優秀論文及び優秀論文 >

賞 名 テーマ サブテーマ 氏 名 学校名 学 年 pdf
最優秀賞 私の政策提言 揺らぐ日本の抑制と均衡
―三権分立に代わる政治体制を―
小池 春都 群馬県立高崎高等学校 2年 pdf
優秀賞 情報化社会を考える ウェブ情報を有益に処理活用するための
二つの心得
髙梨 優衣 群馬県立高崎女子高等学校 2年 pdf
優秀賞 私のリーダー論 支配し支配される社会 木村 智美 大妻中野高等学校 1年 pdf

 

< 一般・大学生の部 佳作者 >

賞 名 テーマ サブテーマ 氏 名 学校名 学 年
佳作 私の政策提言 アクティブラーニングで
コミュニケーション能力を向上させる
久保田 紗英 共愛学園前橋国際大学 3年
佳作 若者が今なすべき事 選択されない知性 大島 静流 慶應義塾大学 3年
佳作 私の政策提言 教育の無償化に向けた増税の重要性 加藤 海斗 群馬法科ビジネス専門学校 1年
佳作 私の政策提言 ホスピタリティの高い
インバウンド観光客への対応
~”おもてなし”から”OMOTENASHI”へ~
中島 有富 共愛学園前橋国際大学 3年

 

< 高校生の部 佳作者 >

賞 名 テーマ サブテーマ 氏 名 学校名 学 年
佳作 私の政策提言 死刑制度の問題点と代替案 大塚 はる香 共愛学園高等学校 2年
佳作 私の政策提言 北海道広尾町が日本の未来を救う
―地方が活性化する処方箋―
和田 健輔 立命館慶祥高校 3年
佳作 私の政策提言 障害に負けない社会 森 明香里 群馬県立中央中等教育学校 5年
佳作 地私の政策提言 日本を同性婚可能な社会に 鈴木 舞南 共愛学園高等学校 3年
佳作 地私の政策提言 痴漢冤罪をなくすために 遠藤 美雪 群馬県立伊勢崎高等学校 3年
上へ